菊川赤ベジスープ爽めん 前のページへ戻る

菊川赤ベジスープ爽めん

2012年6月20日(水)tysちぐまや家族スペシャル 19:00~19:55

今回の出演は広報部の松西店長です。料理はtysの数井えりさアナウンサーです。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

今回の料理は「菊川の糸」を使った「菊川赤ベジスープ爽めん」。レシピを考案して下さったのは『防長苑』の田中利明洋食料理長です。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

下関市菊川町にある山崎製麺。菊川町で古くから作られている「菊川の糸」はコシも強くのどごしが良いと評判です。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

素麺づくりは早朝3時よりコネの作業が始まります。コネから板切という作業が一番大事。重要度はおそらく60%はいくんじゃないかと思っていますとのこと。コネ作業ははその日の気温や湿度に左右されます。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

伸ばされた素麺はまる1日乾燥させた後さらにうまみを熟成させるために1年以上寝かされます。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

夏の赤い野菜を使ったスープそうめん。菊川の糸を洋風にいただく斬新かつ簡単なこの季節にぴったりの料理です。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

ミキサーに、トマトジュース、赤パプリカ、しょうが、めんつゆ、マヨネーズ、氷水、タバスコを入れて1分間。漉し器でこしたら赤ベジスープの完成です。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

ゆでた素麺にオリーブオイルを絡めます。洋風テイストになり、のどごしの良さもアップ。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

そうめんを盛った器にスープをそそぎ水を絞ったきゅうりとレモンをトッピング。「菊川赤ベジスープ爽めん」の完成です。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

爽やか。レモンとタバスコが効いています。のどごしもつるとしてさわやかなので夏にぴったりです。

 

菊川赤ベジスープ爽めん

レモンを絞ってお好みでタバスコを足して食べます。スープはさらっとしてますが、味はしっかりついています。

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-osusume/10314/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ