オリジナル清酒の上漕作業を行いました。 前のページへ戻る

 

2017年2月3日のオリジナル清酒の上漕作業の様子です。

朝3時半にまるき本部を出発して、呉の三宅本店さんに着いたのが6時すぎです。まだ日も明けず真っ暗な工場内を歩いて作業場に向かいます。

休憩する間もなくさっそく作業に入ります。上漕作業とは醪(もろみ)を絞り、酒と酒粕に分ける作業です。沪過機を通して絞られたお酒が下のタンクに貯まっていきます。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

このタンクに搾ったお酒がたまります。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

今回のプロジェクトの場合じゃばらが22段で濾しています。ここでお酒と酒粕にわかれるそうです。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

沪過圧搾機です。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

タンクの中に搾ったお酒が出てます出てます。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

これが新酒!。搾っている過程で、少しづつ味が違っていて、どんどん味がまろやかで複雑な融合した味になっていました。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

杜氏さんが出来具合を確かめています。おいしいと太鼓判を押していただきました。

 

Episode 11 上漕作業を行いました。

杜氏さんの手でっす。すべすべ!でしょ!?。


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-main-article/30470/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ