ソナ・ジョバルテのKoraの美しい演奏を楽しむ。 前のページへ戻る

Sona Jobarteh – Mamamuso

 

ソナ・ジョバルテ(Sona Jobarteh、1983年生まれ)は、ガンビアにルーツを持つイギリスのマルチインストゥルメンタリスト、歌手、作曲家である。西アフリカのコラ演奏の主要な5つのグリオ一族の出身であり、グリオ一族出身の初の女性プロコラ奏者である。有名なコラ奏者トゥマニ・ディアバテのいとこであり、ディアスポラのコラ奏者トゥンデ・ジェゲデの妹である。wikipwdia

 

 

Sona Jobarteh & Band – Bannaya

 

ディスコグラフィー
1995 – Lamentation
2005 – 500 Years Later
2006 – The Idea
2007 – Our Story Our Voice
2008 – Watch Your Back
2008 – Afro Acoustic Soul
2009 – Motherland
2008 – Eclipse
2011 – Fasiya

ソナ・ジョバルテは、西アフリカのグリオ王朝出身で初の女性プロコラ奏者である。祖父のアマドゥ・バンサン・ジョバルテや従兄弟のトゥマニ・ディアバテなど、彼女の血筋には著名なコラ演奏家が名を連ねています。

ソナは、楽器奏者としての技術、個性的な声、魅力的なメロディー、舞台上での優雅さで評判が高く、トップクラスの演奏家として急速に国際的な成功を収めている。

 近年、ソナ・ジョバーテのライブ・パフォーマンスに対する需要は急上昇しており、2019年にはLAのハリウッド・ボウル、オーストラリアとニュージーランドのWOMAD、ニューヨークのシンフォニー・スペースなど、世界で最も有名なフェスティバルや会場で演奏したほか、ヨーロッパ各地、中国、アフリカ、カナダでも公演を行いました。

 ソナは、世界中のあらゆる背景や文化を持つ聴衆を感動させるユニークな能力を持っており、現職の大統領や王族からも同様に注目されている。彼女の魅惑的なステージショーは世界中で人気を博しており、親しみやすく洗練されたレパートリーで、彼女の観客層は永遠に広がり続けている。

ボーカリストとして、ハリウッド映画『マンデラ』や『The First Grader』など、数々の賞を受賞した作品に参加している。後者は2012年のハリウッド・ワールド・サウンドトラック・アワードで「ディスカバリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。(Official site BIOGRAPHY

 

Sona Jobarteh – Kaira

コラは、アフリカの21弦ハープで、伝統的に男性のグリオと呼ばれる世襲制の音楽家が演奏し、女性が演奏することはないとのことです。

ソナ・ジョバルテはこの伝統を破って、西アフリカのグリオの名門一族出身の女性初のコラ奏者となりました。

アフリカンビート。

メロディ、リズム、ハーモニーはアフリカ特有。

ディープな感じがしないのは、女性らしいコラの音色のせいかな。

楽器の名前はわからないけれど、パーカッションとの掛け合いが楽しい。

もし、アルバムが聞きたければ、オフィシャルサイトから8€弱でダウンロード購入できます。

では。

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/49689/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ