パスコ「生なごやん」 前のページへ戻る

namanagoyan

名前からしてこれが名古屋の生菓子というのがわかりますが、

まず「なごやん」というのがあって、その生バージョンということですね。

 

今回のランチはパンじゃなく生菓子、それも会社ではなくて自宅で食べました。

(生なごやんです。会社の試食でもらったものです。)

 

なごやんについてはパスコの公式サイトに

名古屋を代表する銘菓として広く親しまれている「なごやん」は、国産小麦のカステラ生地でまろやかな黄味あんを包んだ焼菓子です。
しっとりした食感とやさしい甘さで、お子さまからお年寄りまでどなたにも喜ばれるおいしさは、名古屋土産としても常に高い人気を誇っています。

とあります。

そしてこのなごやんをもとに作られたのが「生なごやん」。

「生なごやん」は、発売から60年以上のロングセラー商品である名古屋銘菓「なごやん」の特徴を生かした商品です。
黄味あんを混ぜ合わせたなめらかなクリームを、国産小麦の小麦粉を使用したカステラ生地に包んで蒸しあげており、やわらかな生地と、クリームで、これまでの「なごやん」とは製法が異なる、新しい「生」タイプの「なごやん」に仕立てました。

 

名古屋みやげでもらったことないので(そもそも名古屋に観光や出張に行く人が少ない)初めて食べたのですが、

これ、美味しいです。生地がカステラと書いてありましたが、カステラとは全く違って、しっとりとして柔らかく弾力があって噛み応えがあります。

あんのクリームも滑らか。甘くておいしいです。なごやんも食べたことがあるのですが、こっちのほうが断然いいです。

見た目は小さいのですが、1つでかなり満足できました。

 

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/43434/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ