古河正次「異世界転生に感謝を」 前のページへ戻る

 

2018年11月に完結しています。全7巻。

BookWalkerの読み放題で。

kindle unlimited も同じなのだけど読み放題はラノベの読み飛ばしに最適です。

あまりに読み飛ばすと読み次第忘れて、

どのタイトルがどんな内容だったのかごっちゃになりますね。

レビューを書いたりしてアウトプットすれば忘れないんですけどね。

 

老人になってから始めたVRMMOゲーム「ニューワールド&ニューライフ」。

チュートリアルによる訓練が済んで、ある程度のお金とある程度のスキルを得て、

さあこれからという時に眠り込んでしまう。

目が覚めるとそこはゲームの世界ではなくて異世界でした。

 

アバターとして18歳の人族の肉体を選んでいても、心はすでに還暦を過ぎた老人です。

人生に達観しているというか、若者の無謀さはなく、ある程度分別があって、

元の世界では大病して手術の結果やっと生き延びて、異世界で生きていること自体がありがたいと思い、

感謝しながら生きていく。

年寄りのひねくれさも、短気もなく切れることもありません。

 

若者なのに女性に対する態度とかは道徳的でとても年寄り臭い。

じれったくもあれば、つまらなくもあります。

令和の時代、切れる老人が増えてきて、

年寄りが分別くさいというのは現実的な気がしないでもないです。

 

ただね無双はするし、ハーレムしちゃってるので、

実際にやっていることは他のラノベの主人公と一緒です。

 

ともかくも、このラノベは始まりからハッピーな物語なので、安心して読めます。

 

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/42928/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ