第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ 前のページへ戻る

11:00頃山口出発。
『歴史秘話ヒストリア』を観ていて遅くなってしまいました。
銅鐸は形態に二つの系統があり、時代を経るに従ってだんだん巨大化し、
ついに融合して最大級の銅鐸が作られるようになった頃、
銅鏡を祭器とする文化圏(卑弥呼?)に飲み込まれてしまったようです。
光に着いてから出川の『電動バイク充電旅~山口県東部編』を観てしまいました。
どうもTV番組にスケジュールが支配されているような気がします。(^_^;)

 

カイヅカイブキを少し剪定しました。サザンカはもう少し後、花が散ってからにしましょう。
それにしてもカイヅカイブキには困ったものです。
そもそも主幹が何らかの原因で西側に傾いてしまったのが原因です。

どう剪定していいのか実に悩ましい。主幹を切ったら枯れてしまうでしょうか。

 

大豆炊き込みご飯のリベンジをすることにしました。

寝る前に小さめの豆を選んで水に浸けておきました。
翌朝、炊飯。ホクホクしてうまし。\(^o^)/

 

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

 

スイセンが花盛りです。ボケとウメは花芽が膨らんできています。
ウメの花だよりはあちこちから聞こえてきますが、我が家はもう少し後になりそうです。
ビワは花が散って青い実が付いています。今年は上手く出来るでしょうか。

 

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

 

 

かつて庭の北東の隅に池がありました。
小学生の頃は川ですくったフナなどを放していましが、いつしかそんなこともしなくなりました。
そして長年放置されて、土がたまって草が生えて、こんな状態になってしまいました。
最近、これを復活させてみようかと思い立ちました。
メダカでも放してみましょうか。ドジョウとかウナギとかどうでしょうか。
所さんの「かがくの里」みたいな感じにならないでしょうか。

 

第399回スイセン、ボケ、ウメ、ビワ

 

満寿夫でした。

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/37204/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ