第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯 前のページへ戻る

剪定大作戦の続きです。

ウメは花芽のついた徒長枝はやはり切れませんでした。

結局ほとんどの徒長枝は切ることができないままになってしまいました。
花の後、実が付いていなかったら、その時は切ることにしましよう。

 

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

 

 

ボケは小さい脚立で届く範囲は剪定しました。

真ん中辺りの高い枝は大きい脚立でないと届きません。
大きい脚立は立てるのにちょっと苦労しそうです。

 

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

 

 

サザンカを圧迫しているカイヅカイブキを剪定しました。

次はハナカイドウを圧迫しているサザンカを剪定しましようか。

 

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

 

 

K氏のジャボチカバが枯れかけているという話を聞きました。
当方のジャボチカバも赤くあるいは茶色く色づいています。

1週間に1度の水遣りでは少ないかなあ。

それとも避寒場所の気温が低いのかなあ。

山口に持って帰っても適当な場所がないからなあ。どうしようもないなあ。

そうだ、とりあえず液肥をかけてみよう。元気になれ~。

 

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

 

 

炊き込みご飯の作り方を間違えてしまいました。
ダイズは事前に水に浸けてよくふやかしておかねばならないのでした。
うっかり忘れてしまったので、とても歯応えのあるものに仕上がってしまいました。
まあ、よく噛んで食べればいいのですけどね。(^_^;)

次回は忘れないようにしましよう。

 

第397回ウメ、ボケ、カイヅカイブキ、ダイズご飯

 

満寿夫でした。

 

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/37157/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ