第385回還暦 前のページへ戻る

去る10月某日、60歳の誕生日を迎えました。
いわゆる還暦です。\(^o^)/

 

秘蔵のワインを開けました。
このワインは満寿夫が修学旅行先で買い求めたものです。
昔は未成年者が酒やたばこを買うことに全く問題はありませんでした。もちろん観光地でも。
そういえばその修学旅行では、
秘かに持ち込んだウイスキーを飲んで酔っ払っているところを
先生に見咎められた生徒がいたという話でした。
もちろん満寿夫はそんなつもりはなく、飲酒可能年齢に達してから飲むつもりでした。
しかし、実際は大学に入るや学生寮や部活動の新歓コンパで、
吐くほど飲むことになるのですけどね。未成年のくせに。(^_^;)
しかし、このワインはなぜかずっと部屋の隅に置かれたままで、
なかなか飲む機会がありませんでした。
還暦のこのめでたい日はちょうどうってつけの日ですね。

 

第385回還暦

第385回還暦

 

実は、もうかれこれ40年以上も前の酒なので、
もしかして変質しているのではなかろうか。お酢になっているのではなかろうか。
などと思っていましたが、杞憂でした。
きわめてマイルドな、というよりすごく甘いワインでした。

 

そして、この革袋は魅力的ですね。
購入の際この革袋が気に入ったということもあります。
何かに使えそうな気がしますが、
今まで思いつかなかったので、たぶん何も使えないような気がします。
残念。

 

満寿夫でした。


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/36327/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ