第379回アリに注意 前のページへ戻る

先日の草引きの際、アリに噛まれたようです。
そういえば2、3匹手首の辺りでゴソゴソしていましたっけ。
チクチクしたのは気になりましたが、まさかこれほどとは思いませんでした。
最近問題になっているヒアリなどではありません。
よく見かけるごく普通の飴色の小さいアリです。

 

第379回アリに注意

 

 

 

そういえば、7月初旬にも同じような目にあいました。
この時は原因が思い当たりませんでした。
看護師のS氏に診てもらうと、
――何か怪しい病気ではないか。
――感染するかもしれないから注意しろ。と言われました。
それは要するに私にあまり近づくなということだったのでしょうか。(^_^;)

 

第379回アリに注意

 

最近、新聞に夭逝した天才詩人の詩が紹介されていました。

 アリには何の恨みもないが、

 畑を耕すためにアリのうちを壊さねばならない。

まさにその通りです。
何の悪意もないのですが、たまたま抜いた草の根元にアリの巣があった。
ただそれだけのことなのです。
しかし、いきなり巣を壊された方はたまらんだろうなぁ。
許せ。

 

S氏にそのこと(原因はアリだということ)を伝えたら、
――オロナインを塗っときゃ良いんじゃない。
さすが看護師です。
言うことが普通の人とは・・・同じです。

 

 

このところかなり涼しくなってきたので、開き方がちょっと控えめなハイビスカス。

 

第379回アリに注意



第2弾のトマトは順調に成長中。

 

 

第379回アリに注意

 


満寿夫でした。

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/35953/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ