第372回緑のカーテン途中経過2 前のページへ戻る

事業所の緑のカーテンは朝は花卉部の方が、
そして夕方は配送のOセンター長と企画のDチーフが、
水遣りや落ちた花や葉の整理など、まめに世話をされています。
満寿夫は業務がひっ迫していることもあり、
しばらく緑のカーテンの世話から遠ざかっていました。

 

 第372回緑のカーテン途中経過2

第372回緑のカーテン途中経過2

第372回緑のカーテン途中経過2

第372回緑のカーテン途中経過2

第372回緑のカーテン途中経過2

 

 

 先日、久しぶりに水遣りをしたところ、

Dチーフから驚きの情報を得ることができました。
春に植えた苗の中に2年物の苗が混じっていたらしく、
他の苗の茎とは明らかに違う化け物のような太い茎になっている。
「オーシャンブルー」は2年目以降はすごい育ち方をするようだ。

 

第372回緑のカーテン途中経過2

第372回緑のカーテン途中経過2

 

そうでした。確かにそういう情報はネットにも書かれていました。
こりゃあ…
来年はどうなるのでしょうか。
冬の間地上部は枯れても根は生きていて、翌春また芽が出る。ということでした。
今度は全部あの太いツルになるのでしょうか。
ああ、おそろしや。手に負えなくなるのではないでしょうか。

 

現在、緑のカーテンの上端はようやく2階の窓に達したくらいです。
来年はきっともっと伸びて屋上にも達するかもしれません。
2階の窓も十分な遮光効果が期待できるでしょう。
たぶん。

 

満寿夫でした。


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/35499/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ