第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ 前のページへ戻る

室内に避寒させていた洋ランを屋外に出しました。
たまに水をやるだけで、全然世話してないのに健気に咲いてくれます。

 

 

第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ

第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ

 

 

イチジクは未熟の実はほとんど落果してしまったようです。
現在落ちずに残っているのはたった2個。
なんてこった。去年は11個も収穫したのに。
来年は落果しないような方策を何か考えましょう。

 

第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ

 

 

ボケも一か所に密集している未熟果は、
ひとつだけ残して他は摘果した方が良いかもしれません。
来年はそうしよ~っと。

 

 第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ

 第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ

 

 

ビワも立派な果実を得たいなら、
「袋掛け」とかした方が良いのかな。
まあ、とりあえず初めてだし、様子を見てみることにしましょう。

 

第347回洋ラン、イチジク、ボケ、ビワ

 

満寿夫でした。


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/34550/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ