第336回海王丸 前のページへ戻る

R氏はこの1月から銀河丸に代わって海王丸に乗船することになったようです。

海王丸 | 独立行政法人 海技教育機構

 

第336回海王丸

 


画像をお願いしておいたのですが、あいにく撮影する機会がなかったようです。

 

大体、日中は外に出る機会もなく、たまに外に出ると天気が悪かったりするようです。
帆船は外から見る分にはいかにも優雅で気持ち良さそうですが、
銀河丸にくらべて内部は狭いし、あちこち老朽化して、居住性はあまり良くないようです。
大体、帆をあげて帆走する機会というのもあまりないようです。
そういう技術もいずれ不要なものになっていくことでしょう。

 

海王丸は今後(4月以降)、ハワイに向けて航海するようです。

そしてその後なんとロシアウラジオストックに航海するようです。
我々のような普通の人間ではウラジオストックなど行く機会はまずないでしょう。
帰ってきたら土産話をぜひ聞きたいものです。
そして、くれぐれも気を付けて、写真をバシバシ撮ってきてほしいものです。

 

以前もらった絵はがきの画像を載せておきます。

う~ん、やはり生の画像がほしいなあ。(^_^;)

 第336回海王丸

 第336回海王丸

満寿夫でした。

 

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/33631/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ