第334回ご詠進歌「光」 前のページへ戻る

来年の新年歌会始のお題が「光」と決まって以来、
ときどき思い出しては歌を考えていました。
しかし、
「光」は満寿夫の生まれ故郷の名前なのです。
なので、どうしてもそのことが頭から離れません。

 

 「光」とは「ウルトラの星」「夢の超特急」そしてわが故郷の名

 

なんて歌を作ってしまいましたが、これはちょっと普遍性がないですね。
光市の人には受けるかもしれませんけどね。

 

ということで、この歌は投稿しないだろうと思うので、公開しました。
9月までに別の歌を考えねば。(^_^;)

 

***** ******* ***** ******* *******

 

 

実家の作業場でモグラのむくろを見つけました。
おやおや、こんなところで行き倒れるとは、いったいどうしたんでしょうか。

 

第334回ご進詠歌「光」

 

まさか、この度の剪定大作戦が影響しているのか。
元の住処が住みにくくなって移動してきたとか。
それにしてもこんなところまで自分で歩いてきたのでしょうか。

 

わかった。ネコだ。
ネコが捕まえてここまで持ってきて、そのまま忘れたのだろう。
そうに違いない。…ということにしておこう。

 

モグラはその後丁重に埋葬しました。<(_ _)>

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/33512/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ