第333回庭木剪定大作戦つづき 前のページへ戻る

年末年始の作戦でやり残した玄関横のマツ。
その後、もう少しがんばって、もう少しさっぱりしました。
こんなに明るくなった玄関付近を見るのは
久しぶりのような気がします。

 

 

 第333回庭木剪定大作戦つづき

 第333回庭木剪定大作戦つづき

 

ただ、ここまでしておいてふと気になることがあります。
はしごをかけて手の届く範囲の枝は切りました。
しかし、上の枝は残したままです。
そう、これではこの先、上の枝はどんどん成長して、
またどんどん枯葉をまき散らすのではないかということです。
いっそ伐採してしまうか、伐採しないまでも天辺の枝を切って、

高さを手の届く範囲までに抑えてやるべきだったか。
今更もう遅い気もしますが。(^_^;)

 

実際のところ、天辺を切ってやるにはどうすればいいでしょう。
今回、太い枝を切る際は、上の枝にロープをかけて、
切った枝が不測の場所に落ちないように配慮しました。
しかし、上に枝がない一番上の枝を切るには…
う~ん、難問だ。
まあ、その時に考えることにしましょうか。(^_^;)

 

名前のわからない木はこんな葉っぱです。
色々調べてみましたがやっぱりわかりません。
常緑の広葉樹。花や実は確認する機会はもうないかもしれません。
特に思い入れのある木でもないし、そのうちバッサリ切ってしまおうかな。
上の枝を切る方法を考えて…

 

第333回庭木剪定大作戦つづき

 

 

満寿夫でした。

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/33467/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ