第312回庭石がコケた 前のページへ戻る

庭石がコケた。

というか、コケているのに最近気が付きました。

 

 

第312回庭石がコケた

 

実家の玄関横の松の樹の根方に大きな庭石が立っていました。

高さ1メートルぐらい、縦横30~40センチぐらいの黒っぽい自然石です。

物心ついた頃にはもう立っていたので、かれこれ50年以上。

何事もなく立っていたのに、突然倒れてしまいました。

 

倒れる瞬間を見ていないので何とも言えませんが、

地震があったのでしょうか、強風が吹いたのでしょうか、

はたまたヒトか動物か闖入者が押し倒したのでしょうか。

 

と、良く見てみりゃ、

特に深く埋まっていたわけではなく、何かで固定されていたわけでもなく、

ただ地面の上に立っていただけだったようです。

そりゃ、倒れるわな。

今まで倒れなかったのが不思議なくらいだというものです。

 

第312回庭石がコケた

 

さて、どうしよう。

もう一度立て直そうか。

う~ん、その前に周りをちょっときれいにしないとね。(^_^;)

 

先週取り残したイチジクを採りに来ましたが、

一週間はちょっと長すぎたようです。

 

第312回庭石がコケた

第312回庭石がコケた

第312回庭石がコケた

 

 

ダイズは、膨らみはまだこれからという感じですが、

数はすごいです。まぶれついています。

 

第312回庭石がコケた

第312回庭石がコケた

 

 

満寿夫でした。

 

 

「コケた」というフレーズで、

ファミコンゲーム『女神転生』を思い出しました。

『女神転生』は悪魔と会話をして仲魔にするのも魅力でしたが、

悪魔を合体させて違う悪魔を合成するのも怪しくて魅力でしたが、

戦闘シーンから脱出するとき、判定の結果が出るのに微妙な間がありました。

 

――ナカジマたち(主人公)は逃げ出した。

――ナカジマたちは・・・

 

――コケた。(脱出に失敗した)

 

あの絶妙な間と深刻なのに思いっ切り軽いフレーズが懐かしい。

 

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/32566/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ