第311回イチジク収穫 前のページへ戻る

イチジクを収穫しました。

先日、アリがたかっていてトラブルでは?と書いたイチジクは、

どうやら一個だけ突出して早く熟したものだったようです。

今回収穫したものはまったくあれと同じ状態。

 

第311回イチジク収穫

第311回イチジク収穫

 

 

う~ん、満寿夫の知っているイチジクとはちょっと違う気もします。

樹上で完熟したからでしょうか。

真っ黒で手ざわりはふにゃふにゃ。皮を剥くのに苦労しそう。

というか、これはもう皮まで食べられそう。

実と皮の間においしさがあるなんてよく言うし。

ええい、死にはせんだろう…

 

第311回イチジク収穫

第311回イチジク収穫

 

おほほほ。

これは美味です。

食感にやや物足りなさはあるものの、すごく甘いです。

でも、家族はたぶん誰も食べないだろうな。

 

 

 

サッコウフジ

花盛りです。南側の枝には豆ができています。

 

第311回イチジク収穫

第311回イチジク収穫

 

 

 

ダイズ

サヤは先週から少しは膨らんだでしょうか。

サヤの数は思いのほかたくさんついているように見えます。

みんなしっかり膨らんでほしいものです。

 

第311回イチジク収穫

 第311回イチジク収穫

 

満寿夫でした。

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/32524/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ