第272回「ペッパー警部」ピンクレディー、「My Revolution」渡辺美里 前のページへ戻る

土曜日はたいてい休日なのですが、今日1/7は出勤でした。

出勤途中のラジオで懐かしい曲を聞きました。2曲。

 


「ペッパー警部」(1976)。言わずと知れたピンクレディーのデビュー曲です。

当時満寿夫は受験生でした。とりあえず一生懸命受験勉強していました。

ラジオはよく聞いていましたが、テレビはあまり見ないようにしていました。

かの曲は、音楽としてはよく聞きましたが、映像としてはほとんど見ていません。

あの、短いスカートで脚をパカパカ開くという大変ユニークな振り付けも。

 

 

かなり頑張ったつもりでしたが、意中のところには行けませんでした。

四国のM山商科大学の学生になった満寿夫は、Y師寮に入寮しました。

四国中の寮生が集まるイベントに参加した私たちは、

先輩の振り付け指導で、「渚のシンドバッド」(1977)を全員で踊り、大受けしました。

学生たちは皆好きで、良く見ていたようです。

 

 

「My Revolution」(1986)。渡辺美里の代表曲。

「セーラー服通り」(1986)というドラマの主題歌でした。

石野陽子が主演で、仲の良い女子高生3人が協力してマンガを描くという話でした。

3人の役割は、1人が原作担当、1人が作画担当、そしてもう1人は…

石野陽子が演じていた役ですが、何の役割をしていたのかよくわかりませんでした。

他の2人の調整役でしょうか?それとも、単なる賑やかしでしょうか?

 


当時、M山商科大学漫画研究会の同期T氏と、山口で知り合ったM氏と、

マンガの同人誌『旅行案内書(GUIDE BOOK)』をシコシコ発行していました。

結局、年2回発行で、5年ほど続きましたが、何となく消滅してしまいました。

石野陽子のような調整役がいたら続いていたでしょうか。

いやいや、何にもしないのにあれこれ口を出すやつがいたら、

もっと早く終わっていたかもしれませんね。

 

♪夢を追いかけるのなら たやすく泣いちゃダメさ

 

第272回「ペッパー警部」ピンクレディー、「My Revolution」渡辺美里

 

満寿夫でした。

 

 


トラックバックURL

http://marukijapan.co.jp/magazine-article/30291/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ページ上部へ