彦島店周辺散歩

彦島店周辺散歩

出発は彦島店の正面の彦島図書館。これは図書館前の「富田恒祐翁」の胸像。「富田恒祐翁」は「県会議長、彦島漁業組合の創立、下信の前身である彦島信用組合の設立等に主導的に関わられた偉いお方」であるとあるブログに書かれてありました。

雨が降っていたので、左手で傘をもって、右手にカメラを抱えて歩きます。空が暗いので、写真も暗めに写ってますね。雨足が強くて、カメラを構えると傘をさしていても濡れてしまうので、少し気を使いますね。

 

彦島店周辺散歩

では出発です。まず目に入ったのが「ひこまる」の敷地内にあるこれです。これは遊戯施設。帆船の形をした滑り台です。結構高いところから滑るんですね。長さもあるので楽しそうです。もっともこの日は雨なので誰も遊んでいませんでした。敷地内で、一般の公園じゃないので、外から勝手に遊ぶわけにはいかないようですが。

 

彦島店周辺散歩

ここから歩いて行くと、大きなビルが目に入ってきます。テナントが沢山入っている商業ビルっぽいですが、なんとこれは市役所。彦島支所です。本所より立派です。駐車場も広いし、場所は島の中心から外れてますが不便な場所というほどでもありません。これだと、本所を新しく建てなおしたり、補修なんかせずにここに引越ししたらいじゃないですかね。以前は木造の古い建物だったような気がします。その時、一度だけ行事でホールを使わせてもらった記憶がありますが、かなり前なので全く覚えてません。

 

彦島店周辺散歩

この支所の駐車場の前には彦島の観光案内がありました。ざっと見て見ると、まだ知らない所が何ヶ所かあったので、また今度行ってみようと思います。

 

彦島店周辺散歩

さて立ち止まらずに、どんどん歩きます。路地の左右には自販機の多い酒屋さんがあったりします。江の浦方面の車の抜け道になっているのかな。でこの交差点まで来ると江の浦です。で、道の上を通っているのは山陽本線です。山陽本線のガード下をくぐって江の浦に行ってもよかったのですが、それだとものすごく歩くことになりそうなので右に曲って、山陽本線沿いに歩くことにします。

 

彦島店周辺散歩

右に見えてきたのが公園。堀越公園というらしいです。公園には鉄棒、ブランコ、滑り台が設置してありました。公園の奥は「彦島ふれあいプラザ」になっています。老人から子供までここに集まってわいわいできそうです。

 

彦島店周辺散歩

左を見ると線路のはるか先にトンネルが見えます。山陽本線はここから関門鉄道トンネルに入ります。右側が上りで、左側が下りです。トンネルは2つあるんですね。ここからは道は線路際を離れて住宅地に入るので、ここがトンネルが一番良く見えるところです。道は上り坂で右に曲って住宅街になります。

 

彦島店周辺散歩

住宅の中を通っていくと道は下ってますね。この住宅街は思ったより高いところにあるみたいです。道は階段状になっていて、かなり急です。車は別の道があるのかな。毎日この道を通って通勤通学するのは大変でしょうね。もっともこの程度の坂道は彦島ではどうということはないんかも知れません。山の上の方だとか、中腹の坂道の途中の家などはざらにありますからね。毎日いい運動ができそうです。

 

彦島店周辺散歩

下まで降りると目の前にトンネルの入り口が見えています。ただ、網が張ってあって近づけないようになってます。この小屋は何なんでしょうか。ここからトンネルの上までいて見ましたが、やはりトンネル入り口は見ることができませんでした。ここから本村方面に戻ります。


彦島店周辺散歩

と、目の前に堀越県営住宅がありました。この前の道も広くて車が行き交ってます。どんどん歩きます。このあたりは集合住宅も多いようです。


彦島店周辺散歩

本村あたりの高い建物が見えてきました。下り坂なので歩きやすくて足がどんどん進みます。

 

彦島店周辺散歩

県道の手前で右折して、裏道を歩きます。県道との間に建物があって間に駐車場がありました。この建物の下はお店屋さんになっているようです。

 

彦島店周辺散歩

やっと戻ってきました。彦島図書館です。小雨ですが雨はまだ降っています。

 


ページ上部へ