私小説の極致嘉村礒多の生家「帰郷庵」

私小説の極致嘉村礒多の生家「帰郷庵」

嘉村礒多は大正時代から昭和初期にかけて活躍した山口市仁保出身の小説家です。代表作は「業苦」「崖の下」など。

 

 

嘉村礒多生家「帰郷庵」

山口県の方でも嘉村礒多の名前はあまり知られてないと思います。

嘉村礒多の小説は青空文庫にあるので無料で読めます。

私も読んでみました。彼の顔からは想像できないほどの暗い小説。気が滅入るだけなのであまり進んで読みたくない小説です。。

 

 

私小説の極致嘉村礒多の生家「帰郷庵」

「帰郷庵」は嘉村礒多の生家を復元したもの。場所は山口市仁保の山の中。ここから先は家がほとんどありません。管理人さんがいて宿泊もできます。食事はありませんと言っておられました。

 

 

私小説の極致嘉村礒多の生家「帰郷庵」

 公式サイト私小説家嘉村礒多生家 帰郷庵:山口県山口市仁保上郷上ヶ山集落の築130年の古民家

 

 

私小説の極致嘉村礒多の生家「帰郷庵」

天井はこんな感じです。高くて明るくて快適な光で満ちています。

 

 

嘉村礒多生家「帰郷庵」

嘉村礒多のひちとなり、年譜、作品などの解説。

嘉村礒多 – Wikipedia

古民家体験ができるということです。 この日も体験の人が来ているということで、中までは入れてもらえませんでした。

 

 

 


ページ上部へ