嘉川八幡宮

嘉川八幡宮

山口市嘉川にある嘉川八幡宮です。場所は嘉川店から旧2号線を小郡へ向かう途中、金光酒造の前を通ってずっと山側に行ったところ、新幹線の線路を超えたところにあります。この社殿は慶安5年(1652年)に再興されたもので楼門は元禄(1694年)の再建といわれています。ここには、山口市指定有形文化財の木造随身像があります。
木造随身像についてはこちらから

 

嘉川八幡宮

二の鳥居。珍しく朱塗りです。

 

嘉川八幡宮

遠く離れて一の鳥居があります。かつてはここから真っ直ぐ参道が続いていたのでしょう。

 


ページ上部へ