乗福寺内「南明秋興」(なんめいのしゅうこう)の碑

南明秋興

山口十境詩のうちのひとつ。大内の乗福寺内にある「南明秋興」の詩碑です。

「大内御堀の南明山乗福寺の秋景色を詠んだ詩である。乗福寺は二十二代大内重弘による開基で、境内には琳聖太子の供養等、大内重弘・弘世の墓がある。」

乗福寺は萩往還を西に行くと右手(北)にあります。

かつては寺は山の中にあったと思われますが、現在は閑静な住宅街の中にあって道も狭くなっています。

 

 


ページ上部へ