浜五挺唐樋

浜五挺唐樋

この唐樋は寛文8年(1668)に萩藩の直営事業として行われた高泊開作(400ヘクタール)の排水用樋門で岩盤を切り裂いて造られたことから切貫唐樋とも言われています。
当初は三枚の招き戸で開閉していた三挺樋でしたが、安政4年(1857)に排水効果を高めるために五挺樋に拡張され平成元年まで使われていました。
排水溝に設けられている招き戸は、潮の干満で生じる自然の水圧によって開閉する仕組みで、非常時には招き戸をロクロで巻き上げるように設計されています。
この唐樋は、当時の優れた土木技術や、近世になって急速に発展する本市の基礎となっ た高泊開作築造を伝える遺跡の一つとして貴重なものです。(現地の説明板による)

神田店から本部の横を通って南へ南下すると、有帆川が周防灘に流れ込むところに出ます。または190号線から有帆川の土手に向かっていった突き当たりにこの浜五挺唐樋があります。唐樋とは潮の干満の作用を利用して招き戸を自動開閉するしくみの水門のことを言います。

 


ページ上部へ